みどりのゆびTOP
 
 
みどりのゆびからのご挨拶多摩丘陵散策ガイドマップフットパス1多摩丘陵フットパスまつりみどりのゆび会報HOME

私たちは、緑地保全、まちづくり、里山の農業に対する支援、基金活動や将来の子供達への環境教育も行うNPO法人です。
主な活動は、自然・歴史のウォーキング(フットパス)開催、マップや環境教材の制作、緑地の管理(町田市からの委託)、農業の支援、安全な食物の確保と流通、緑地保全基金活動ですが、町田市など自治体とも協働して活動を行っております。

★当法人の名称となっている「みどりのゆび」は50年も前に書かれた有名なフランスの童話です。
偶然にも、今、地球的な規模で緑を広げる活動をしておられる進士理事長が新婚時代初めて奥様から贈られた本が「みどりのゆび」だったそうです。「みどりのゆび」の精神は現代世界にこそピッタリのテーマです。
21世紀を担う子供たちにこの精神を継いでいきたいと願っています。
当会では、「みどりのゆび」の精神を多くの方に知っていただくため、原価でこの世界的な童話をお分けします。

岩波おはなしの本「みどりのゆび」
640円(消費税なし)
 モーリス・ドリュオン作 安東次男訳
 岩波書店
  2002年10月18日新版発行


ご希望の方は下記宛、御連絡をください
「みどりのゆび」事務局
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷町7-38-10
電話 042-734-5678, FAX 042-734-8954
E-Mail info-m@midorinoyubi-footpath.jp

指を押し付けるとそこから緑や花が生えてくるという”みどりのゆび”の才が備わっていることに気づいた少年チトは密かにその指を、刑務所、貧民街、病院などに押し付けていきます。
町の悲しい部分汚い部分は次々と緑や花で一杯になり、町は精神的にも豊かになるばかりでなく、あちこちから見学者が訪れ、活気付きます。
最後に父親の武器工場にも「みどりのゆび」を使うと、大砲からは弾の代わりに花が出て、その花を手に兵士たちは戦いをやめ語らい、戦争も止みます。町は有名になって発展し、人々は心もゆたかに幸せになります。
皆が幸せになりますが、チト自身は、みどりのゆびの才に導いてくれた年老いた庭師が死んだのを追って、天国に帰ります。チトは天使だったのです。
* * * * *
というところでこの物語は終わります。フランスのモーリス・ドリュオンという人が書いた童話で、世界的に有名な話です。アメリカでは園芸の才のある人のことを、green thumb、英国ではgreen fingersと呼び、普通名詞にまでなっているほどです。
私たちは、「みどりのゆび」の精神を持って、ちょうどみどりのゆびを繋ぐように、多摩丘陵を初め、全国にみどりのみちを繋ぎ、緑地保全を推進します。そして、このみどりのまちづくりによって日本中のまちや人々がゆたかで幸せになることを目指しています。

緑の主な担い手である農業者に安心して農業を営める将来を、市民に健康で安全で豊かな生活を、そして未来の子供たちに緑を残す“しくみ創り”を実現するために、「みどりのゆび基金」の設立、税制や都市計画法の改正支援、安全な食物の流通設計、環境教育など、様々な事業や活動を行います。



NPO法人「みどりのゆび」設立主旨
 2002年2月1日、特定非営利活動法人(NPO)「みどりのゆび」は東京都より法人化を承認されました。
地球温暖化や環境ホルモンなどが人間社会への脅威となっています。21世紀のまちづくりは緑や環境をおろそかにしては語れません。
 しかし、緑を残すには解決されなければならない多くの問題があります。時代が変わっても一度都市計画決定されてしまった道路や街は、森や里山を壊して造られます。現在の税制のあり方も緑を減らす一大要因です。相続による大きな相続税のために農家は先祖代代の森林田畑を売り払わなければなりません。労力の多い農業を継ごうという若い人も少なくなり田畑や緑を管理する人がいなくなっています。このような状況が、緑地や里山などの環境保全に大きな影を投げかけています。
 もはや制度自身を変えなくては緑は残りません。NPO法人「みどりのゆび」では、これらの問題を解決するために、画期的かつ実質的な活動を行います。里山に快適な緑の道(フットパス)を整備し、マップを作り、ウォーキングを開催することは環境保全への最も有効な啓発手法です。また、緑地の管理や援農支援を行います。援農ボランティアの受入・養成、そして安全な食品の生産や流通の可能性も積極的に追求します。そして「みどりのゆび基金」を設立し、自治体の緑地保全基金に寄付する手法によって確実に緑地を増やしていきます。
 10年前、能ケ谷の森で芽生えた緑地保全運動は、鶴川地域で育まれ、多摩丘陵にはばたくNPO「みどりのゆび」となりました。鶴川の里山からスタートした緑の道が「みどりのゆび」のように、多摩丘陵全域に、そして日本全国の里山や谷戸の緑地保全に伸びて繋がっていくことを願っております。



NPO法人「みどりのゆび」設立の経緯
1992〜1996



1997.10


1998


1999.4

1999.9〜






2001.3

2001.9.15



2001.10.18

2001.10.31

2002.2.8
鶴川駅(町田市能ヶ谷町)の東側にある“能ケ谷の森”を保全しようとする大きな市民運動が起きる。開発は遂行されるが、これによって市民の中には緑地保全推進に対する大きな関心が生まれ、町田市当局にも町田市北部に残る多摩丘陵を保全する気運が強くなる。

「鶴川地域まちづくり市民の会」結成。代表神谷由紀子。市行政と協働でまちづくりを行う。市より能ケ谷西緑地の委託管理を受託する。

町田市の「都市計画マスタープラン」、「緑の基本計画」に市民団体として意見書を提出。
マスタープランに反映される。多摩丘陵の保全に関しても関心がより強くなる。

地方自治総合センターより助成金を得て地域環境マップ「鶴川村散歩道案内」を発行。

マップのルートを案内するウォーキングを開始する。鶴川周辺の多摩丘陵を紹介する。
ウォーキングに対する現代人のニーズを知る。「みどりのゆび」の運動を開始する。
日本財団より助成を得て、東京農大の進士学長、麻生教授のご指導のもとに「多摩丘陵フットパスマップ1」を作成。町田市の東端鶴川から西端の相原まで繋ぐウォーキング・ルートを完成。相原やその他の町田市内外の団体から多摩丘陵を保全する気運が盛り上がる。歴史古街道研究家宮田先生のご指導によって多摩丘陵上の歴史街道も歩く。町田市より多摩丘陵の小野路宿の緑地管理を委託。

NPO法人化の準備開始。

鶴見川源流の会やTRネットを主宰される慶応大学の岸由二教授に多摩丘陵に関する指導を受ける。岸先生、麻生先生、宮田先生の「町田エコプラン応援団」と共にシンポジウム『首都圏の未来を開く多摩丘陵-町田エコプランからの発想』を開催。

特定非営利活動法人「みどりのゆび」設立総会開催。理事長は東京農大、進士五十八学長。

東京都に申請し、受理される。

NPO法人として認証

NPO法人「みどりのゆび」役員名簿  2005年7月3日現在


特別顧問(あいうえお順)
阿部 孝夫 川崎市長
石原 信雄 元内閣官房副長官
伊藤 公介 衆議院議員
蒲谷 亮一 横須賀市市長
木村 仁 参議院議員
中江 利忠 元朝日新聞社長
相談役(あいうえお順)
小島 政孝 小島資料館館長
理事長
進士 五十八 東京農業大学学長
副理事長
野村 誠一 元地域活性化センター常務理事
理事(あいうえお順)
青木 悠 元町田市都市緑政部長
麻生 恵 東京農業大学教授
飯沼 勇 アーバン企画代表取締役専務・元全国市長会総務部長
大塚 壮六 元自治省官房参事官
大橋 茂二郎 元自治大学校校長
川島 龍子 町田市議会議員
佐藤 浩 元大蔵省 千葉銀行専務取締役
篠田 伸夫 東京海上日動火災顧問、元全国町村議会議長会事務総長
田中 映男 ナイジェリア大使
茶谷 達雄 都市情報システム研究所所長
中丸 康明 元町田市建設部長
成田 二郎 (社)国際コミュニケーションセンター理事長
本間 静 前町田市収入役
牧野 清文 消防団員等公務災害補償等共済基金常務理事
松本 清 (財)日本ナショナルトラスト、環境コンサルタント
宮田 太郎 古街道研究家、歴史ルポライター
山崎  浩司 全国仮設安全事業協同組合常務理事
山田 隆彦 (社)日本植物友の会副会長
神谷 由紀子 NPO「みどりのゆび」事務局長
監事
鹿子木 貢 元岡山市助役

 

2005年「みどりのゆび」活動紹介


★フットパスウォーキング

毎月第4日曜日 参加費500円 行程約8〜10Km 弁当・水筒・雨具要 
普通の地図には載っていない、「みどりのゆび」が自分達の足で開拓した多摩丘陵の素晴らしい緑や歴史の道をご紹介しています。これまでに、多摩・三浦丘陵を南北に主尾根に基づいたフットパスを開拓しました。次は多摩川南崖線をきます。毎年恒例の「フットパスまつり」は各地を繋いで開催しています。
★カルチャーウォーク 毎月1回から2回 参加費1000円 弁当・水筒・雨具要
宮田太郎先生歴史古街道シリーズは毎月1回定例で行っています。
その他、小島資料館館長の新撰組、小野路探訪、スミレ博士山田先生との高尾巡り等、「みどりのゆび」の優れた講師陣による教養ウォーク。大変好評です。
★自然観察会 毎月第3日曜日 参加無料 約3Km 弁当・水筒・雨具 集合:小野神社境内 9:20AM
多摩丘陵の貴重な生態を、当地域に習熟した鶴岡秀樹先生と共に定点観察します。
★マップ 発見したいい道を専門家の指導のもと「フットパス・マップ」にし、お分けしています。「フットパスマップ1」はロングセラーです。今年は「フットパスマップ2」を出版します。
★緑地管理作業 毎月第2土曜日 集合:「別所」バス停 10:00AM
里山と谷戸の原風景が残る、小野路の最高級の緑地です。町田市より管理を受託。ホトケドジョウ、タマノカンアオイのような貴重な動植物がいっぱいです。
★竹林管理作業大きな竹の子 毎月第3土曜日 集合:「別所」バス停 10:00AM
これも町田市よりの受託地です。料亭に出していたという立派な筍が取れます。筍堀などイベントも行いますのでご興味のある方はご連絡ください。
★環境教材 トヨタ自動車の助成を受けて、小学生を対象とした多摩丘陵の自然や歴史を紹介した読本を町田市内の全小学校高学年に配布しました。環境教育の使命は自然の中で様々な“出会い”を子供達にもってもらうことにつきます。
田中耕一さんのような将来のノーベル賞学者が生まれることも???
★農業応援 町田市と共に地産地消策を考えています。町田市の誇る北部丘陵の中で農家と私たちが交流できる制度「農と緑の公社」の設立をめざし、情報ネットワークを構築する計画です。
★多摩丘陵会議 緑は、市民、行政、企業の協働の下に、自治体の枠をはずした広域なまとまりなしには、保全することができません。毎年、国、広域自治体、企業の代表者と一同に会して「多摩丘陵会議」を開催します。
★基金活動 緑のベルマーク、「みどりのゆび」マーク基金を設立する計画です。
基金は、もっとも効率よく緑地購入できる自治体の緑地保全基金に寄付します。2003年には町田市の緑地保全基金に30万円を寄付しました。
  活動参加希望の方には定期的におはがきを差し上げています。
事務局までご連絡ください。

 

みどりのゆびについて  理事長挨拶  活動の記録  更新履歴  会員募集  HOME

Copyright 2005 Midorinoyubi All right reserved.