•  フットパス活動の記録

新しいフットパスを作ろう 鶴川駅周辺
2021.11.21
新しいフットパスを作ろう
鶴川駅周辺
能ケ谷・金井・岡上
[講師:浅黄美彦・神谷 由紀子]


新旧の鶴川駅周辺・
秋の岡上とヌーヴォーワイン
11月 21 (日)天気:晴 参加者: 14 名

 駅前広場が移動し、新たに駅舎・自由通路ができる小田急線鶴川駅周辺は、工事が始まる直前で空き地が広がっている。そんな駅前を眺めつつ旧「香山園(かごやまえん)」へ。 2017 年に町田市が取得し、こちらも現在都市緑地として整備中でした。明治の書院造の建物(瑞香殿)と池泉回遊式庭園を活かした緑地として 2024 年 には完成するそうです。


旧「香山園」庭園と建物
こんな姿が2024 年には再び見ることができる

「香山園」の西側には神蔵家の分家家屋が点在する。縄文・弥生の能ケ谷遺跡跡であるとともに、中世からの集落の地でもあります。屋敷の背後にある竹林を抜け丘の上に出ると一族のお墓がある。そこからは、鶴見川沿いの岡上の丘陵地が見える。この駅前に鶴川の原風景ともいえる風景が残るのもここならではの魅力です。
 新しい鶴川駅は、駅の中から鶴見川や丘陵地の自然が感じられるような空間に生まれ変わるそうです。旧香山園の緑地と既存の旧白洲二郎・正子邸「武相荘」、「可喜庵」、「みんなの古民家」などの魅力的な場所が知られています。今回のフットパスでは、これに加え、「鶴川駅の現代建築」にスポットを当て、歩いてみました。

 能ケ谷の丘から坂を下り再び駅に戻り、最初の現代建築「アップル スタジオ フラッツ」 (2005 年竣工 設計 牛田英作 を見る。


緩やかに曲がる道沿いにある建物

 その近くには、「和光大学ポプリホール」。
 2012 年竣工のホールで図書館などがある公共施設(設計 仙田満 環境デザイン研究所)です。
 さらに線路沿いを少し歩くと電車からも見える名物建物 「トラスウォール ハウス」(設計 牛田英作 フィンドレイ) 1993 年竣工。“カタツムリの家”とも呼ばれ親しまれている。現在は東京 R 不動産の仲介により、住宅から播州織の「 tamakiniimi 」の店舗になり、不思議な内部空間を楽しむことができました。参加者のみなさん方の今日一番の興味ある建物であったようです。


「トラスウォールハウス」

 金井の「ゼロワンカフェ」で昼食。木倉川の崖沿いを坂を上り、緑に覆われた「金井代官屋敷跡明治の神蔵分家は市指定文化財 」を廻り、再び鶴見川沿いを歩き、線路を越えて川崎市の飛地・岡上へ向かいました。

 岡上の新興住宅地は、宅地開発関連法が制定する前の昭和 30 年代半ばの造成地のため、急斜面に家が並び、「壱番坂」から「十番坂」まで、細い坂道がある住宅地です。
 そんな住宅地にある「六番坂の家」(
2017 年竣工設計 杉浦伝宗)は、技術と愛情と惜しみない手間をかけて見事に再生した家でもあります。今日は、開催されていたオープンガーデン「季の庭」の原種シクラメンの講習会に参加、斜面を活用した秋バラと紅葉の庭園を見学させていただきました。


「六番坂の家」「季の庭」

 岡上の新興住宅地は、宅地開発関連法が制定する前の昭和 30 年代半ばの造成地のため、急斜面に家が並び、「壱番坂」から「十番坂」まで、細い道がある住宅地です。
 そんな住宅地にある「六番坂の家」(2017 年竣工設計 杉浦伝宗)は、技術と愛情と惜しみない手間をかけて見事に再生した家でもあります。今日は、開催されていたオープンガーデン「季の庭」の原種シクラメンの講習会に参加、斜面を活用した秋バラと紅葉の庭園を見学させていただきました。
 いよいよこの日のテーマ「岡上の蔵ワイン」をいただくために、岡上の旧家、山田邸へ向かいました。途中に旧家の跡地を集合住宅とした「 tetto」( 2015 年竣工 設計 salhaus )を眺め、緑に覆われた岡上の小路を歩きました。素敵な場所を繋ぐ小路の存在が鶴川駅周辺のフットパスコースの魅力を高めてくれるように思いました。
 歩き疲れたあとのヌーヴォーワイン、美味しくいただきました。


ワインで乾杯:ワインは自家栽培したブドウで醸造

(文と写真:浅黄美彦)

鶴川はテーマパーク!

56 年後に鶴川駅が東側と岡上側に広がり、商店街も増えて拡張するのをご存じですか?それに伴って今、鶴川と岡上が次第に繋がってきて駅の周りがとても面白くなっています!
 今回はその岡上側の魅力を探求しながら歩きました。
 岡上は、いまだ残る田園と昔道、乱開発による面白い家々と坂道、民度の高い町民と有名な建築家たちの創った家屋や店舗が顕著な非常に個性的な地域です。最近、カタツムリ型の民家を利用した「 tamaki niime 」のエスニックファッションの店や隠れ家的蔵ワインの「 Carna Esto 」、季節のいい時にオープンガーデンを開催する「季の庭」など洒落た拠点ができました。
 近い将来、この岡上と鶴川、そして玉川学園までの拠点をきちんと整備すれば鶴川周辺が半日から 1 日を楽しめる新しいテーマパークになると期待しています。新しいお店なども増えて住みよい地域になることでしょう。楽しみですね。
 SDGsの時代となり、今、町田市は市内に残る多くの緑を経済的な資源にしようとしています。といっても、昔のように開発をしたり、箱物を作ったりするというのではなく、町田市に広がる緑や自然を活かしてもっと楽しめるような企画を考案しています。その一つが鶴川です。岡上と鶴川の間にもっと一体感が生まれると思われます。
(文:神谷由紀子)

蔵ワイン:内部を醸造所とショップに改造
2021.11.21 00:00 | 固定リンク | 未分類
NHK 番組取材協力 ~第6 回 里山さんぽ~
2021.11.10

NHK番組取材協力
趣味どきっ!道草さんぽ
~第6 回 里山さんぽ~


小野路の里山をご案内しました
5月 18 日(下見1)、 8 月6日(下見2)
10月 29 日(撮影)、 11 月 10 日(放映)

 11月 10 日(水)に E テレで放映された 【 趣味どきっ! 道草さんぽ ~第 6 回 里山さんぽ~ 】の取材協力依頼が「みどりのゆび」にあり、下見段階で 2 回対応をいたしました。
 放映前の投稿は、 NHK より控えてほしいとの依頼がありましたので、今回は、下見の様子、本番撮影の様子などをご紹介いたします。


①5 月 18 日 下見1
~時速200mの多田ワールドの世界私の通常のガイドでは約2 時間の里山フットパスコースですが、なんと7時間! 植物生態学者多田多恵子先生は、植物観察をしながら ”時速200m”、まさに、「道草さんぽ」でした。

多田先生は、道端の植物や昆虫を見つけては、その生態の興味深いお話、写真撮影など、など、まったく時間を気にしない、楽しい方でした。先生の本に「私は四つ葉探しの名人!」と書かれていましたが、まさに、道端のクローバーを見つけては四つ葉を探す、五つ葉も発見。「幸運のシンボルですよ!」と探し出した四つ葉のクローバーを頂いたり、アリの好物のエライオソームのついた種を運ばせようと、アリのそばにその種を置き、アリの行動の観察を始めたり。また、タブレットに「百均マクロレンズ」を装着、花のシベなどの超拡大、見たことのない世界を見せていただきました。
 そんなこんなで、“多田ワールドの楽しい道草時間“は、あっという間に 7 時間が経過しました。
 多田先生と番組の制作会社のディレクター、プロデューサー、スタッフ、そして、ライターの合計6名の方々を、日本植物友の会副会長の山田隆彦先生とみどりのゆびスタッフ 3 名で、小野路の「万松寺谷戸」、「神明谷戸」、「奈良ばい谷戸」の里山をご案内いたしました。

 
スタートから立ち止まり観察を始める、なんと“アリグモ“。


四つ葉のクローバー探し


百均マクロレンズで撮影

 
アリの行動観察や植物観察が続く

②8 月6日 下見2
~真夏の「万松寺谷戸」、「ならばい谷戸」~

 下見の2 回目は。ため池の植物を見たいとのことで、真夏の「万松寺谷戸」と「ならばい谷戸」を案内。
「万松寺谷戸」では、とても珍しいミズオオバコの可愛らしい花に出合いました。水田の環境悪化により激減、絶滅危惧種に指定されています。花の直径は2~3cmほどで、白地にうっすらとピンク色の花、中心が黄色いですね。残念ながら儚い一日花だそうです。

 
「万松寺谷戸」の水田の植物観察、ミズオオバコ

 「ならばい谷戸」では、「まちだ結の里」のスタッフのご案内。茎の先に鮮やかな赤紫色の沢山の花をつけたミソハギに出合う。ミソハギをバックにタコノアシの白い花が咲いていました。秋に真っ赤なゆでだこが足を広げたように見えるのでタコノアシと。


「ならばい谷戸」の水辺の植物観察、ミソハギとタコノアシ

 以上の下見2 回のご案内により、スタッフもこのコースを熟知して大変気に入られ、個人的にも、歩かれたとのことです。
 10 月に撮影用の下見が行われ、最終的に多田先生を交えての本番撮影( 10 月 29 日)が行われました。


小野路宿里山交流館周辺散策ガイドマップ

③10 月 29 日 撮影本番に出合う
~「ならばい谷戸」の本番撮影風景

「小野路宿里山交流館」主催の「秋の小野路フットパスガイドウォーク」にて、「ならばい谷戸」をご案内途中で、偶然に、本番撮影現場に出会いました。お邪魔しないように、遠くから撮影風景を眺めました。
 11 月 10 日に放映ですから、 10 日ほどで編集するのですね。


 
フットパスガイドウォークにて「ならばい谷戸」をご案内

 
「ならばい谷戸」の撮影の様子


真っ赤なタコノアシ


ツリガネニンジンの花


④11 月 10 日(水) Eテレ放映
~NHK 趣味どきっ! 道草さんぽ~
第6 回 里山さんぽ



お笑い芸人・佐久間一行さんと多田多恵子先生


(文と写真:田邊 博仁)
2021.11.10 00:00 | 固定リンク | フットパス
フットパス専門家講座 小田原の海浜別荘跡と宿場町を歩く
2021.11.07
フットパス専門家講座
小田原の海浜別荘跡と宿場町を歩く
[講師:浅黄美彦]

旧東海道、国際通り、かまぼこ通りな
どに、小田原の歴史と風情を今に
11月 7 日(日)天気:曇り 参加者: 13 名

 お城には行かず、小田原の生業と海辺の海浜別荘跡そして最近建った小田原の公共施設を見るという企画です。
 まずは小田原駅東口から南へ歩き、城下町・宿場町を支えた生業を営むお店を訪ねました。明治創業の「だるま料理店」、漆とうつわの「石川漆器」、創業 360 年の老舗「倭紙茶舗江嶋」などの‘街かど博物館’を巡りながら、ものづくり文化を今に伝える小田原を歩きました。



「江嶋 」 昭和 4 年築 出桁造
小田原市歴史的風致形成建造物指定

 南に進むと国道1 号線がクランクする箱根駅伝の名所へ。もうすぐ解体される「小田原市民会館」、昭和初期の銀行建築、かわいらしい洋館風の「山本眼科医院」など、近代建築が集まっているエリアを眺め、小田原の豊かさを改めて感じました。


「山本眼科医院」現役の医院建築

 さらに南へ、旧東海道には、かつての網問屋をリノベーションした「小田原なりわい交流館」、その先の海辺と並行した通りが「かまぼこ通り」。この通りの蒲鉾店の縁台でビールセットをいただく。のんびりとした通りから、かつ節の「籠常」の路地に入り、旧堤防、西湘バイパス下の狭いトンネルを抜けると海。横丁、路地、トンネルと閉じた場所と開けた場所の変化を楽しむ。



「籠常」の横の路地


小田原海岸・御幸の浜(写真:田邊)

 海から少し戻って堤防沿いを歩くと、小田原の私小説作家川崎長太郎の小屋跡碑がある。かつての花街の外れ「抹香町」の世界を味わうこともできる。
 海沿いを西に歩くと多くの寺がある。お城を守る海岸防備の配置なのかもしれない。「正恩寺」の向かい側には、伊藤博文別邸跡「滄浪閣」がある。明治 23 年御幸の浜に建て、 7 年ほど過ごし大磯に移っていった。大磯の「滄浪閣」が有名ですが、こうした歴史の中に埋もれている「小田原の滄浪閣」をみるのも悪くない。
 さらに西へ進むと、「旧横河民助の別荘」跡の長い煉瓦塀が残る。その先に「小田原文学館(旧田中光顕別邸)」がある。昭和 12 年築、曽禰中條建築事務所が手掛ける。小田原に残る海浜別荘として貴重でもある。


「小田原文学館」3 階テラス

 そろそろ帰路へ。北東に歩き、今年開業した「三の丸ホール」からのお城を眺め、いよいよゴールの「 MINAKA 小田原」に着く。足湯のある屋上からもう一度お城と市街を眺め解散しました。


「MINAKA 小田原」からの眺望

(文と 写真:浅黄 美彦)

海辺のまちらしい風情と、
通りの建物を堪能


久しく小田原に行っていないのと、案内に気になる建物があって、飛び入り参加させてもらいました。駅前とお城の周りは、整備が終わって、既視感のある綺麗な観光地になって、とても賑わっていました。
 通称「かまぼこ通り」と海に通じるエリアは、海辺のまちらしい風情。床屋さんのシンプルながら気を惹く、海辺に似合った窓やドアのデザインと色合い。看板の上の辺りのデコっぽいマーク。久しぶりにまち歩きの楽しみを味わいました。
 マスクがなければ、乾杯ビールも出来るのに、コロナ、早く退散して欲しい!


「かまぼこ通り」の理髪店

(文:木村真理子 写真:浅黄)


ご参加のみなさまと(写真:田邊)
2021.11.07 00:00 | 固定リンク | フットパス